体の冷えはダイエットの敵

代謝が落ち、老廃物が溜まりやすくなる「冷え」はスリムの大敵。

多くの女性が悩んでいると言われる、冷え。
冷えは万病の元となるだけではなく、血行を低下させて肌荒れを起こしたり、顔色を悪く見せるだけではなく、痩せにくい体をつくりだしてしまうと言われています。
ここで、体の冷えがダイエットを妨げる理由について詳しく考えてみましょう。

体が冷えると、血行が低下し体温だけではなく内臓温度も低下させます。
すると代謝が落ちてしまい、いつもと同じ量の食事を摂っていても太りやすく、脂肪を溜めこみやすい体になってしまうのです。

お尻や太ももなどを触ってみて、冷たいと感じることはありませんか?
冷えているパーツは血液循環が低下している証拠。
脂肪がつきやすいのも当然のことと言えるのです。

また体が冷えて血液循環が滞ると、体内に老廃物や水分が溜まりやすくなります。
特に下半身は血行が滞りやすく、むくみやすいパーツです。
そして、むくんだ状態が続くと、体内に溜まっている老廃物と脂肪細胞がくっついて、セルライトができやすくなってしまうのです。

下半身がなかなか痩せないという人のほとんどは冷えに悩まされているのだとか。
きれいに痩せたい!と思ったら、まずは冷えを解消することが大切です。

ダイエットをするときには、食事制限だけではなく適度な運動、リンパマッサージなどをプラスして体を温めましょう。
保温効果のある靴下やインナーを身に着けたり、体を温める食材を積極的に摂るなどして、体の中から冷えを解消するのも効果的です。