加齢と肥満

年齢を重ねるごとに、太りやすく、痩せにくくなってしまった...と感じる方へ

昔は食事制限や運動をすると、すぐに数キロ落とすことができたのに、年を取るごとに痩せづらくなっている...。
そんな風に感じることはありませんか?

これは年齢とともに基礎代謝が低下していくからだと言われています。

中高年にさしかかると、以前と食べる量は変わらないのに、どんどん太っていく...。
そんな風に感じることがあります。
太らないようにするためには、摂取カロリーより消費カロリーを多くすること。
簡単なことですが、なかなか難しいですよね。

私たちの体は寝ているときも、じっとしているときも、そして呼吸をするだけでもカロリーを消費しています。
これを基礎代謝と言いますが、年齢とともにこの基礎代謝で使用されるカロリーが減っていくため、同じように生活していても徐々に太りやすくなっていくと考えられているのです。
この基礎代謝のピークは20歳ごろで、その後はどんどん低下していきます。

このような加齢による基礎代謝の低下が原因となる肥満を防ぐためには、食事内容に気を配るだけではなく、運動を取り入れることも大切です。
基礎代謝は筋肉の量が多いほど高くなるため、筋トレなどで筋力をつければ、基礎代謝量を上げることができるのです。

軽いウォーキングや水泳などの有酸素運動もオススメです。

食事は高タンパク、低カロリーを心がけ、脂肪分の高い食材は避けるようにしましょう。
若い頃と同じように食べていると、メタボ体型だけではなく、さまざまな生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

これらのことは、よく分かっている方がほとんどだと思いますが、そう簡単に実践できないのが普通です。
そこで、基礎代謝を上げ、脂肪を燃えやすくする体になれるようなエステを利用してみませんか?

大腰筋腸腰筋といった大きな筋肉、インナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝が上がり、自然に痩せられる体作りができます。
体が軽くなれば、運動も楽しくなって良いサイクルが回り出すことでしょう。

そのきっかけづくりに、まずは体験から始めてみませんか?